交通事故他損害賠償請求

損害賠償請求とは

交通事故や傷害事件の被害者は、治療費や仕事を休まざるを得ないことによる損害(休業損害)、慰謝料、逸失利益などの損害について、加害者に対し、賠償請求することができます。これは法律上、不法行為に基づく損害賠償請求権(民法709条など)の行使ですが、交通事故の場合は、自賠責保険や任意保険に加入していることから、保険会社を相手にすることになります。

交通事故における保険会社

保険会社の立場からは、できるだけ支払う保険金額を少なくしたいはずですから、被害者の過失割合を多めに主張したり、損害額を少なめに認定したりする事案に遭遇することがよくあります。

特に、保険会社の損害額算定基準は、裁判基準に比べると、一般に低額であることから、弁護士が代理人として、裁判基準を明示しながら、交渉で損害額を増額していくことになります。

傷害事件と損害賠償

不当に暴行を受けてケガをした場合、刑事事件として傷害罪で処罰される可能性がありますが、民事事件としては、治療費、慰謝料などの損害賠償請求の問題となります。刑事事件での軽い処分を目指す加害者は、被害者との示談書を刑事事件の証拠として提出することを望みますので、早期に示談が成立することもあります。しかし、被害者に対し全く誠意をもって対応しない加害者も少なからずいることから、加害者に対する請求、交渉、調停、訴訟の仕方を検討する必要があります。